仕事辞めて専業で「宅建」の資格勉強はやめておいたほうがいい?

この記事は約6分で読めます。

仕事辞めて「宅建」の資格勉強はやめておいたほうがいい?

くうた
くうた

宅建の勉強してるんだけど、毎回20点台で勉強時間も全然取れないから仕事辞めて専業で宅建の勉強して合格してから転職しようかと思ってるんだけど、専業のほうがいいのかな・・・

 

今回はこんな問題を解決します。

 

✅本記事の内容

  • 仕事を辞めて専業でした方が合格率は上がる?
  • 仕事をしながら宅建に合格する方法

 

 

✅信頼性

独学で1回宅建に合格!

 

私は学生時代に宅建の勉強しながら法学検定試験の勉強もして両方合格しました。

法学部でもなかったので毎日常に法律の勉強していました。

 

くうた
くうた

そんなに勉強しないといけないのならやっぱり専業じゃないと合格できないじゃん・・・

 

と思いますが、実際に勉強に必要なものは勉強時間ではありません。

 

必要なのは、勉強の効率です。

 

後に詳しくお話しします。

 

仕事を辞めて専業でした方が合格率は上がる?

仕事を辞めて専業でした方が合格率は上がる?

結論からいえば「NO!です!

 

確かに仕事で毎日8時間+疲労+ストレスが無くなると考えれば全然違うと思います。

でも、それだけ余暇ができてそれ全て勉強できますか?

まずできる人は少ないでしょう!

 

仕事していても、空き時間、暇な時間が多いとダレませんか??

しんどいけど、忙しい方がいろんなことしていませんか??

 

これは勉強にも当てはまります。

 

少しだけ休憩しよう・・・で気がついたら何時間も過ぎてることありませんか?

 

結局しんどいけど、それを継続できる根性があればむしろそっちの方が早く合格できるんです!

 

くうた
くうた

「そんな根性ないよ・・・」「そんなしんどいことできないよ・・・」

 

そんな人は、「どうして宅建が欲しい!」と思ったかどうか1日自分と向き合ってください!

 

私の場合は、今まで散々人にバカにされてきました。

「頭悪いなー」

「こんな問題も解けないのか」

「なにやってもできへんな」

こんなことばかり周りの親戚や友達にいわれていました。

 

宅建って難しい試験という認識が非常に強い資格ですよね?

これ取れたら周りの奴黙られる!と思ったからです。

 

何度も勉強するのにくじけそうになりました。

 

「またこの問題間違えてしまった」

「過去問の基準点超えていない・・・」

「前に覚えてたのに忘れてしまってる」

「なんで俺はこんなに頭が悪いんだ」とずっと思ってました。

 

くじけそうになるたびに、周りの奴らが自分をバカにしてくる顔を思い出してました。

 

「絶対に見返してやる!」

 

そう思って1年間必死で勉強していました。

 

受験する人はそれぞれに想いがあると思います。

その初心を絶対に忘れないで欲しいです。

その想いが原動力になるからです。

 

精神論を強くお話ししましたが、もちろん精神論だけでは受かりません笑

仕事をしながらの人は、勉強効率を人一倍気にしてください。

 

私がやっていた効率的な勉強法を紹介します。

 

仕事をしながら宅建に合格する方法

仕事をしながら宅建に合格する方法

仕事をしながら宅建の勉強している人が一番重要視しないといけないことは、勉強の効率です。

 

【効率的な勉強法】

  • 間違いノートの作成
  • 読み込むテキストは1冊に決める
  • 暗記は間違いノートをメインにすること
  • 暗記する箇所と理解する箇所を明確にすること

上記の4点は必ずやってください。

 

順番に解説していきます。

 

 

テキストは1つに絞る!

これには理由が2つあります。

 

1つ目は情報は一元化する方が効率がいいです。

 

こんな経験ありませんか?

前にメモしたのに、どこにメモしたっけ・・・

 

こうなると勉強効率が非常に悪いです。

 

そこでテキストは1つにします!

個人的には「楽学」のテキストがおすすめです。

決めたテキストの中に、過去問で重要なことや覚えたい内容を書き込みます。

そうすることによって、過去問ばかり解かなくてもテキスト読み込みするだけで過去問の内容までも勉強することができます。

民法に関しては、条文も書き足すようにしましょう!

 

暗記は間違いノートに書こう!

建築基準法や都市計画法などは、暗記がメインになってきます。

 

間違いノートは、過去問でランクAの問題や重要度の高い問題なのに間違えてしまったのを集約したノートを自分で作ります。

基本的にはそのノートを毎日見て暗記をします。

 

人間の記憶力は、1日経ったら70%忘れます。

だからこそ毎日見る必要があります。

初めは大変やと思いますけど、勉強一通り終わり、暗記ノート毎日見てると覚えてくる内容も増えてくるので、1時間かかっていたとしても10分とかで暗記終わります。

 

暗記と理解の箇所を明確にすること

民法は理解がメインになってきます。

丸暗記だとしんどい上に、しんどい割りに変化球に対応できないからです。

 

民法以外は暗記がメインなので、民法への力の入れ具合は3割ぐらいにしましょう!

 

 

まとめ:自己管理能力に自信がない人は学校へ通おう!

まとめ:自己管理能力に自信がない人は学校へ通おう!

必要なことはわかったけど、これ自分でできる自信がない人は宅建の学校へ通おう!

 

費用はかかってしまうが、銀行や不動産会社に勤めるなら平均2万円は資格手当がもらえるから1年で費用分を回収できます。

宅建の学校迷っている人を解決する!【比較チャートでわかる】
宅建の学校といっても今では数え切れないほどの数があります。その全てを一つずつ調べて行って比較するのはかなり大変で宅建の勉強を始める前に挫折もありえることだと思います。そこで宅建の学校を比較して紹介します。

 

 

 

【1位】資格学校最大手「LEC」(圧倒的な合格実績で選びたい方はLEC!)
------------------------------------------------------ 7月の早得(はやとく) 2016/7/1~2016/7/31 http://www.lec-jp.com/campaign/toku2/ ------------------------------------------------------

資格学校の最大手の「LEC」
EC東京リーガルマインドは、資格受験指導37年の実績とノウハウを持ち、司法試験、司法書士、弁理士をはじめとする、各種国家資格および検定受験の対策講座を全国展開する資格取得・通信教育のスクールです。
圧倒的な情報量と蓄積されたノウハウで、数多くの合格者を出してきた実績を元に、
常時10,000近くの商品ラインナップを揃えています。

【2位】値段の安さと勉強効率を重視する人は「資格スクエア」

資格スクエアは、「IT×脳科学」をフル活用した全く新しいオンライン資格講座です。
わずか4年で無料会員数40,000人突破!急上昇中の教育系ITベンチャーです!
校舎を持たず固定費や人件費を抑えているので価格が安い
・校舎に行かなくてもいいから自分のペースで勉強を進められる!
・いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!
・脳科学の権威であり、東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の「IT×脳科学」を利用した問題演習機能

・WEBで全て完結!講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ!
・条文リンク機能で辞書を引く必要はもうありません!

【3位】業界最安!「オンラインスクール」

宅建以外の資格試験も最安で受講することができる!
月額 980円で28講座の資格学習コンテンツが利用可能
・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能
・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー
・過去問を徹底分析した問題演習機能
・スマホやPCで学べる月額980円の〇〇講座

宅建
歩如をフォローする
aquablog
タイトルとURLをコピーしました