宅建のおすすめテキスト!勉強が苦手な人でも続けられる【初学者向け】

この記事は約6分で読めます。

 

くうた
くうた

宅建のテキストってたくさんあってどれを使えば良いのかわからないんだけど

ルル
ルル

人気資格なだけあって色んなところが本だしてるからね。僕がおすすめするのは「楽学」ってテキストだよ!

ルル
ルル

僕がおすすめする理由と楽学がどんなテキストなのか説明するね!

☆本記事の内容
  • 宅建独学合格のテキスト
  • 「楽学基本書」のおすすめポイント
  • 「楽学」をおすすめする理由
本記事を参考にすると、独学合格に必要な知識が手に入ります。
☆信用性
独学一発合格者・法律勉強している目線からご説明します。

宅建の独学合格するためのテキスト選び

宅建の独学合格するためのテキスト選び

 

私は、 「楽学 宅建士 基本書」ってのを使ってました。

 

このテキストを選んだ理由は、「わかりやすかった」からです。

もちろん、人によって合う合わないあると思うんですが全く法律やったことない私が実感できたのでおすすめです。

 

宅建テキスト「楽学宅建士基本書」

 

実際のテキストはこんな感じです。 

宅建テキスト「楽学宅建士基本書」

基本的に図での説明を重視していて

民法の授業で理解する「権利図」の書き方の勉強ができます。

 

土地の売買とかあんまり身近じゃないのでわかりにくい方もいるかもしれませんがもし、わかりにくい場合は自分の好きなものに読み替えてください。

 

「土地」➡︎「コンビニでパンを買う」

 

言葉だけだと、わかった気になってしまったり「第3者の出現前後」で結論が変わってしまいますのでしっかりと権利図を書いて「いつ」、「誰が」、「今の所有者は!?」を理解しないといけないです。

 

テキスト図の中に、①詐欺②売却って書いてあるとおもうんですけどこれが非常に大事です!

詐欺が、先あるのか、後にあるのかで結論が変わってしまうからです。 

 

「文字数が少なくわかりやすい!」

 

無駄なことが省かれているので、本が苦手な人にも読み切れるようになっています。

自分に足らない部分は、過去問を解いた時に「楽学 宅建テキスト」に書き込むようにしてください!

 

宅建の過去問テキスト

宅建の過去問テキスト

基本テキストは「楽学」にします。

 

じゃあ過去問はどれにしたらいいんですか??って疑問を持つ方もいると思います。

 

結論からいえば、 「どこでもいいです」

 

解説の仕方に多少なり差はあると思いますが「本試験の問題をコピーしているだけだから問題は同じです」

 

わからない人は「TACの過去問集」をおすすめします。

 

「どこも一緒なのになんでTACの過去問がいいんですか!?」となると思います。

 

「TACは公務員試験に強い予備校で試験のノウハウ蓄積も多いからです。」

 

12年分やってもらったらわかるとおもうんですが同じ問題、似た問題など出題形式がわかってきて「あー、この人がいってたのはこういうことか」とわかっていただけると思います。

 

勉強している時には、問題解くだけではなく「問題の出し方」についても意識して解くようにしましょう!

 

私は実際には、12年分も丸々やってません!

 

当時の過去問3年分ぐらいみると明らかに出題形式が変わっていました。

なので、8年前とか10年前とかの民法の問題しても意味ないなって思って直近3年以内のものだけをやってました!

 

民法以外の科目については10年分しっかりやってました!

 

このように勉強には、「メリハリ」が大事になります。

 

「試験にはゲームと同じで、攻略の仕方がある」のです!

 

昔の人や簡単に受かった人は、「とりあえず過去問4周はしろ!」とかいうとおもうんですけどそこに意味はないです。

 

これもよく聞くんですけど過去問集は、点数高いけど、模擬試験とかの点数が合格基準点を下回る!と悩んでる人です。

やみくもに過去問ばかりやってるとこうなります。

 

では、なぜそういった問題におちいってしまうのか!?

 

理由は明確です!

「過去問の答えを覚えてしまっている」ことです。

 

 

じゃあどうして勉強したらいいの!?って方に向いている記事

https://aquaweb.work/post-1244/

 

あとは、電車通勤や歩きながら、ちょっとした時に手軽にテキストみたい!って人は1問1答のテキストなどをおすすめします。

 

宅建は需要が高いせいかネットでの学習がかなり普及してます。

1問1答の問題アプリなどもありますのでそういうのを活用することをオススメします。

 

一問一答のサイトもありますので▶︎1問1答サイト

 

「楽学の宅建テキスト」をオススメする理由

「楽学宅建テキスト」をオススメする理由

楽学の宅建テキストをおすすめする理由がもう一つあります。

 

楽学の宅建テキストを書いている氷見先生の授業映像を無料でみることができます。

 

テキスト買ってみながら講義も活用したらわざわざ予備校に通う必要もなくなるかなと思います。

 

ただ、司法書士勉強しはじめた時に無料講義探してみたこともありますが私見にはなりますが質が低いなって感じます。

 

具体的にいうと「テキストに書いてあることをただ読み上げているだけ」

これは勉強した気になってしまうので正直おすすめはしないです。

 

もちろん、使うな!ってことではありません!

無料ですし、文字が苦手な方もいると思います。

 

使えるものは全て使ってください!(合格する!という欲が大事!)

 

 

まとめ

宅建テキスト楽学がおすすめ

勉強に大切なのは、メリハリをしっかりつけることです。

わからないことにずっと悩んでいても無駄な時間なので後回しにしましょう!

他の知識とあいまってふと自然と定着する時があるので焦らず頑張りましょう!

 

もし、勉強法で不安などあれば出来る限りアドバイスなどさせていただきと思っています。

コメントや問い合わせで構いません。

※ただし、本当に取りたい!という人だけでお願いします。

冷やかしなどはスルーさせていただきます。

数が多い場合も出来る限り対応させていただきたいと思っています。

 

少しでもお力になれたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました