【向いてる人・向いていない人】不動産業界について3年働いた私が教えます!【体験談】

この記事は約8分で読めます。

【向いてる人・向いていない人】不動産業界について3年働いた私が教えます!

くうた
くうた

不動産業界に興味あるんだけど、実際ブラック企業しかないんでしょ??営業ノルマも厳しくて自分にはできなさそう・・・・

 

今回はこんな問題を解決します。

 

☆本記事の内容

  • 不動産業界とは
  • 不動産の仕事で向いている人・向いていない人(体験談)
  • おすすめの不動産転職サイト

 

☆信頼性

不動産屋で3年働いています。

 

この記事を見ている方は、少なくとも不動産の会社で働いてみたいと考えていると思います。

 

  1. 不動産でお金を稼いで豪遊したい!
  2. 接客が苦手だから管理で黙々と仕事をしたい!
  3. 宅建取って仕事したい!
  4. 不動産がブラックじゃないのなら働きたい!

 

結論からいえば、全部可能です!

 

順番に説明していきます。

 

不動産業界とは

不動産業界とは

不動産業界は飲食店などと同じく参入が比較的容易であることから、中小の個人経営の会社まで含めると非常に裾野の広い業界である。

また、不動産専業ではなく建設会社・工務店など施工業者がそのままマンション建売住宅の分譲を行っているケースや、鉄道事業者鉄鋼メーカーなど他業種の企業の一部門及び子会社が不動産事業を行っているケースも多く見られる。

 

産業名売上高
(単位:億円)
構成比
卸売業4,319,34327.3%
小売業1,653,51810.5%
建設業1,350,1558.5%
運輸業673,6084.3%
自動車・同附属品製造業663,2414.2%
電気機械器具製造業493,7083.1%
娯楽業422,1692.7%
不動産業370,9462.3%
飲食業152,1741.0%
宿泊業73,9220.5%

※出典: : 財務省(平成19年)より

 

不動産業といっても、いくつかの種類にわけられます。

会社によっては全部行っているところもあれば、一つしかやっていないところもあります。

不動産取引業建物売買業・土地売買業
不動産代理業・仲介業
不動産賃貸業不動産賃貸業
貸家業・貸間業
駐車場業
    不動産管理業

 

区分けするとこんな感じになります。

 

私のところは主に「宅地の売買」、サブに「マンションの管理」「賃貸」です。

割合的には、売買8割、管理1割、賃貸1割です。

 

 

不動産業界に向いている人

不動産業界で向いている人

さっそくどんな人が向いているのか説明していきます。

 

まず、不動産でもいろんな種類があるのでどの部類の仕事に属するかで向き・不向きも変わってきます。

 

  • 不動産のマンション管理業なら、設備の交換や退去の立会いになります。

ほぼ、接客もないので黙々と仕事したい人には向いていると思います。

 

立会いも、チェックリストから破損してる部分のお金をお客さんに請求するだけなので会話もあんまりありません。

設備交換してほしい!って連絡の電話がきて対応することは出てきます。

ちなみに、宅建の仕事は一切ありません!

 

 

  • 不動産の売買や仲介については、売り上げ重視なので数字を上げる!!!と向上心の高い人が向いてます。

場所によってどの程度の売り上げに対しての厳しさか異なります。

その代わりに実績分だけ給料が跳ね上がります!

 

私の知り合いの方は、月収100万とかいます。

 

私のところも土地の売買ですが、ハウスメーカーに営業お願いしているので数字とかでいわれることは一言もありません!

代わりに歩合とかもありません!

宅建の仕事はあります!

 

宅建の仕事と高給がほしい人には向いていると思います。

 

  • 駐車場業も幅広いです。

タイムズをイメージしてもらったらわかりやすいです。

 

内容的には、タイムズの場所を拡大するためにお客さんに「土地の使い道がないのであれば、駐車場にして収益を生みませんか?」と営業回りする。

駐車場にしているところのお金の集金・タイムズなら車の掃除なども入ってきます。

 

全般的に仕事をすることになりますので、「この仕事だけ!」が嫌な人には割と楽しめる仕事かもしれません。

 

不動産業界に向いていない人

不動産業界に向いていない人

「気の弱い人」は確実に向いていないと思います。

 

社員全員がオラオラしていないとしても、会社の代表は売り上げ重視(金儲けしたいから不動産をやっている為)のケースがほぼ100%だと思います。

代表がオラオラしていると、その環境に影響されて徐々にそうなります。

悪い意味で「慣れてしまうのです。」

 

オラオラしていると自分の利益を優先しがちになるので、気が弱いと搾取されることも多くなるので向いていません。

また、売買とかだと金額が高い!(私のところで2億の取引とかあります)からビビってると仕事になりません笑

 

営業職(売買や賃貸)に就きたい人は、「向上心がない人」は向いていないです。

 

売り上げを上げることに正解はありません!

 

  • 目的➡️売り上げを上げる
  • 手段➡️売れるならなんでもOK!

 

自分で考えてどうしたら売り上げが上がるのか考えて実際に行動できる人が勝ち残ります。

 

私の知り合いで6社転職して売り上げ常に1位の人は、目がついたところに飛び込み営業しています。

電話かける件数も人の倍、営業行くのも人の倍、飛び込みするのも人の倍

さらに、アポ取れる話し方はどんな風にすれば良いか自分で考えてやってる人です。

 

私の知り合いの例は極端ですが、少なくともこの一つは特化してできるぐらいの向上心がないと続かないか営業成績がでません!

 

営業マンが絶対に読むべきたった2冊の本【営業本~自己啓発本】
こんにちは先に簡単な自己紹介をします。私は営業歴6年です。合計6社すべての会社で売上1番になっています。扱った商材は pay導入/OA機器/コラボ光 /TVTEL/ 電気ガス/ スクール読んだ本は営業・心理学・自己啓発関係50冊以上入社した

 

不動産屋ってブラック企業しかないんじゃないの!?

不動産屋ってブラック企業しかないんじゃないの!?

ブラック企業(ブラックきぎょう)(和製英語で造語。英語ではSweatshopと表記)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、企業舎弟を指す。最近になって意味が変わり、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」今野晴貴による定義)を指す。

出典:Wikipedia

ブラック企業といっても、人の価値観によって多少の差があると思うのでWikipediaから引用しました。

 

大なり小なりどの会社にもブラックの部分はあると思いますが、不動産のブラックさが色濃くでるのはヤクザが絡んでるからだと思います。

 

しかし、そのイメージは昔のイメージでインターネットが主流になっている現代において表向きでヤクザと絡んでいれば真っ先に潰れると思います。

ヤクザもバカではないので、表に出てくることはないと思います。

一会社員レベルでは、関わりがあるかどうかも知ることはできないでしょう。

 

営業に関しても、「売り上げをもっとあげろ!!」というのは今でももちろんあります。

営業職なら不動産以外でもノルマもありますししんどいです。

 

しかし、これも昔みたいに押し売りで無理やり買わせたりすると問題が発覚し知名度がガタ落ちします。

コンプライアンスに厳しい時代になってるので、普通の会社ならまあまずないです。

 

取引先のある大手ハウスメーカーの人もおっしゃっていましたが、「押し売りするより、本当にお客さんのために営業した方が、その人の子供さんも買ってくれてるし儲かる!」

 

価値観は良い方に移行していますので、そこまでブラックというキーワードに懸念されることはないと思います。

 

逆に、朝6時から晩の12時まで週休1日、行事絶対参加・・・・みたいなところがいまだにあるのも事実です。

 

  • 「入社を考えている会社がどんなところなのか」
  • 「どんな上司なのか」(考え方)
  • 「どんな社長なのか」

面接の時にしっかりと聞くようにしましょう!

 

おすすめの目安としては、従業員・相手のことを最優先に考えて行動する役員・社長のところは良い会社だと個人的には思います。

 

おすすめの不動産転職サイト

おすすめの不動産転職サイト

不動産転職で私が活用したサイトを紹介します。

 

不動産に興味があって、割と良い条件のところに入社したい人はおすすめです!

良い求人は早くなくなってしまうので、考えるより先に行動して後からどこにするか考えましょう!

今すぐ不動産に就職する!

 

【1位】資格学校最大手「LEC」(圧倒的な合格実績で選びたい方はLEC!)
------------------------------------------------------ 7月の早得(はやとく) 2016/7/1~2016/7/31 http://www.lec-jp.com/campaign/toku2/ ------------------------------------------------------

資格学校の最大手の「LEC」
EC東京リーガルマインドは、資格受験指導37年の実績とノウハウを持ち、司法試験、司法書士、弁理士をはじめとする、各種国家資格および検定受験の対策講座を全国展開する資格取得・通信教育のスクールです。
圧倒的な情報量と蓄積されたノウハウで、数多くの合格者を出してきた実績を元に、
常時10,000近くの商品ラインナップを揃えています。

【2位】値段の安さと勉強効率を重視する人は「資格スクエア」

資格スクエアは、「IT×脳科学」をフル活用した全く新しいオンライン資格講座です。
わずか4年で無料会員数40,000人突破!急上昇中の教育系ITベンチャーです!
校舎を持たず固定費や人件費を抑えているので価格が安い
・校舎に行かなくてもいいから自分のペースで勉強を進められる!
・いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!
・脳科学の権威であり、東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の「IT×脳科学」を利用した問題演習機能

・WEBで全て完結!講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ!
・条文リンク機能で辞書を引く必要はもうありません!

【3位】業界最安!「オンラインスクール」

宅建以外の資格試験も最安で受講することができる!
月額 980円で28講座の資格学習コンテンツが利用可能
・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能
・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー
・過去問を徹底分析した問題演習機能
・スマホやPCで学べる月額980円の〇〇講座

歩如のyoutube
歩如 youtube
宅建
歩如をフォローする
aquablog
タイトルとURLをコピーしました