オリンピックの種目に加わったサーフィンのみどころは!?

この記事は約4分で読めます。

今年からオリンピックの種目に加わったサーフィンのみどころは!?

オリンピック種目となったサーフィン

オリンピック種目となったサーフィン

サーフィンやりはじめて、最近気になった雑誌を読んでたらまさかのサーフィンオリンピック化!という事実を知って驚いてます笑

 

サーフィンの競技人口は世界では3,500万人、そのうち競技人口は350万人と言われています。

 

日本国内を見ると200万人、そのうち競技人口は20万人とされています。

趣味でやってる人を含めたらもっと増えると思います。(趣味のが多いかもしれません)

 

「昔と違ってサーファー特に女性がかなり増えたな」

師匠もとつぶやいてます笑

 

実際やってても人が少ないだろう!と思って平日にわざわざサーフィン行ってるんですけど「人が多いな。」と感じることもしばしばあります。

 

サーフボードという板を使って波に乗り、テクニックを競う競技です。

 

サーフィンはサーフボードのサイズによって大きく2つに分けられます。

 

ロングボード:長さ9フィート(約274センチメートル)以上、ボード上を歩くテクニックが中心となります。
ショートボード:長さ6フィート(約183センチメートル)前後でボードの先端がとがっている。こちらは細かいターンがしやすいタイプです。

 

一般的にカッコイイ!!って技を決めてるのはショートボードですね!

競技としてのサーフィンは、波を乗りこなすライディングテクニックをジャッジが採点し、勝敗が決まっていく。

 

いかに難易度が高く創造的な技を繰り出すか、スピードがあってダイナミックかなどが評価されます。

 

選手は定められた時間内に10本前後のライディングを行い、高い2本の合計点によって得点が決まる。競技は男女20人ずつの選手で行われます。

 

師匠もいうてましたが、10回もチャンスある!って感じる人もいるかもしれないですけど、10本も本気で乗れるのはそうはいない!っていうてました!

 

まあ実際、乗るとわかるんですけどただ乗る練習するだけでもかなり大変なので出来るだけ技決めたりしてたらかなりの疲労感を伴うことになると思います。

 

最近あった種子島の大会の動画になります。

 

実際に見ていただいたらほんまにカッコイイ!ってなります笑

ダイナミックなカットバックは非常に魅力に感じます!

1回転もすごいです!

 

簡単そうに連続で技決めてますけど、これめちゃくちゃ難しいらしいです!

 

ストイックになにかに熱中している方をみると「自分も頑張ろう!」って勇気をもらえますよね!

私も挫けずに技を決めれるようになります!

 

 

一人で始めるのが不安な方はサーフィンスクールをおすすめします。

こちらから🔽サーフィンスクール検索できます!

 

Surfing is the first thing I can remember being consumed

自分にとってサーフィンは夢中になれた最初のこと

ステファニー・ギルモアの名言

 

タイトルとURLをコピーしました