パソコンインストラクターの仕事はめちゃくちゃ辛い!【自己体験談】

この記事は約5分で読めます。

パソコンインストラクターの仕事はめちゃくちゃ辛い!【自己体験談】

くうた
くうた

ルル君たしか「パソコン教室でインストラクター」やってたんだよね!?

 

ルル
ルル

そうだよ!やりがいもあるんだけど、思ってるよりめちゃくちゃ辛いよ!笑

ルル
ルル

今回は、パソコンインストラクターでなにが辛いのか教えるね!

パソコン教室でのインストラクターになりたい人のために、先に辛いことはどんなことなのか知っておくことで覚悟もってから働いてもらいたいです。

 

➡️退職代行「EXIT」でいますぐ仕事を辞める!

 

パソコンインストラクターでの仕事内容

パソコンインストラクターでの仕事内容

私が働いていたパソコン教室での仕事内容を紹介します。

 

  1. 受講生の質問対応
  2. 説明会・入学者対応
  3. 事務作業
  4. 電話
  5. 営業
  6. 辞める人の引き留め
  7. 勉強

 

大体こんな感じです!

 

この中で大変なのが、⑤営業、⑥引き留め、⑦勉強です。

 

そもそもなぜパソコンインストラクターを辞めたのか!?

そもそもなぜパソコンインストラクターを辞めたのか!?

そもそもなぜ私がパソコンインストラクターを辞めたくなったのかお話します。

 

理由はいくつかありますが、代表的には「営業」と「勉強」です。

 

 

第1関門:勉強

 

勉強に関しては会社によって差はあると思いますが、基本的には必要になります。

 

生徒も勉強してレベルが上がっていくと、「こんなことできないの?」といわれてきます。

 

初めは写真整理など簡単なものですが、マクロ使いたい!やaccess使えるようになりたい!などレベルが上がっていきます。

レベル上がることに信頼が増していくので、生徒からの期待値も高くなりそれに答え続けるのが大変になります。

 

テレビやニュース、SNSで話題になった内容について話を振られることもよくあります。

 

  • 「TikTokってなに!?」
  • 「Instagramってどんなことができるの??」
  • 「zoomの使い方教えて!」などなど

 

パソコンにだけ詳しいだけでなく、世間的なニュースについてもよく知らないと先生としての信頼を失うきっかけになります。

 

インストラクターなりたての時は「先生としての信頼形成」これが一番大変です!

 

  • パソコンもそこまで詳しくない。
  • 仕事も慣れていない。

 

客観的にみれば当然なんですが、生徒からすると「お金を払ってるからその分の対価をよこせ」という気持ちになっています。

 

サービスの満足が得られないと、「この先生ダメだな。ハズレを引いた。今度から別の先生に聞こう。」となります。

 

こうなると、後に話をしますが「営業」が苦しくなる原因になります。

 

 

新人インストラクターがまずやることは、「e-ラーニング」なら講座を全部把握することです。

 

生徒から質問がある場所や内容はほとんど同じです!

生徒からの質問には積極的に行きましょう!

慣れれば後が楽になります。

 

 

第二関門:営業

 

営業に関しても会社によって差があると思いますが、私が行なっていたのを紹介します。

 

  • 講座提案
  • 物販販売(ソフト販売、パソコン販売)
  • 休学や退学の引き留め(撤回)
  • 回数アップ

 

講座提案や回数アップは比較的生徒のための営業になるのでそこまで苦になりません。

営業関係を全くやったことない人にも難易度が一番低くて実績として稼ぎやすい項目になります。

 

物販は、多少難易度上がりますがまだ難易度は低いです。

 

問題点が一つあり、パソコン教室に通うというのはパソコンが苦手という前提からタイピングソフトは全受講生に必要だから全員に売れるはずだ!

 

パソコンは、単価が高いから予算達成できていないところは「パソコンを売れ!」とかなり営業感が増します。

 

先生としての信頼があれば、「〇〇先生がいうなら買うわ!」といってくれます。

 

私の時にいた人は、教室全員に伝わるように大声で「パソコン買うなら信頼あるここで買うのがいいわー!」といって買ってくださりました。

 

先生としての信頼を勝ち得ていれば、そこまで難しくありませんが押し売りが強くなりがちなのと会社からのプレッシャーが非常にうっとうしいです!

 

最難関:引き留め(撤回)

 

これがダントツに難しい上に精神的にしんどいです。

 

まずそもそも、「もうすでに辞める」と決めて書類出している人に対してそれを撤回させるように話をしないといけません。

 

理由は様々です。

  • 暑いから休みたい。
  • 子供が夏休みだから。
  • 親の介護。
  • 帰省するから。

 

理由だけみてたら「え!?こんなんどうやって撤回させるん」って思いますよね笑

 

私がいたところは規模が大きいところだったので、毎月50人とか話をしにいかないといけません。

 

物販や講座提案は800人に提案しないといけません。

数字だけ見たら絶望しますよね笑

 

ただ、個人的に一番辛かったのはパソコン販売です。

 

これに関しては、生徒のためというのが一切ありません。

予算達成のためだけに売らないといけないので、得意良いパソコンでもないのに無理やり売るのに嫌気がさしたからです。

 

勉強も元々得意ではない上に、興味ないことをプライベートの時間削ってしないといけないことが嫌でした。

 

パソコン教室のインストラクターに興味がある人は、プライベート削ってでも勉強できる向上心の高さと、時には生徒よりも会社のために行動できるようになるメンタルの強さが必要です。

➡️退職代行「EXIT」でいますぐ仕事を辞める!

 

 

【doda】ブロガーとして独立して稼いでる人も転職エージェントを使っていた!
転職サイトはdoda

自分で求人を探してみたいという方も、1人での転職活動は不安を感じるという方もdodaで自分に合った求人を見つけることができます。
無料で転職エージェントに相談ができる!
数ある転職エージェントの中でもトップクラス!

【2位】業界最大手!リクルートが運営する「就職Shop(ショップ)」
就職Shop

■20代の方向け
■フリーター・就業未経験が対象
■首都圏7店・関西3店の全国10拠点に店舗があります
■8,500社以上の企業から求人を直接紹介
■模擬面接の練習や面談を通じて、内定までサポートします!

【3位】

1.所属アドバイザーの約6割が、エージェントランキングにてTOP10入賞経験あり!
2.徹底した面接トレーニングによって、驚異の内定率86%を記録!
3.求職者と企業のマッチング分析に尽力することで、入社後の定着率は92%以上!
4.アンケート調査にて、顧客の82%が当社のサービスに大変満足していると回答

転職
歩如をフォローする
aquablog
タイトルとURLをコピーしました