【宅建】合格ラインに乗せるための勉強法!【これで今年は宅建合格しよう!】

この記事は約6分で読めます。

 

 

☆本記事の内容

  • 合格ライン15%に入るために必要なこと。
  • 法律科目(民法)の特徴をつかむ。
  • 目的と手段を決める。

私の周りで3回以上受験しても宅建の資格試験に落ち続けている人がいる。

勉強してても3度以上落ちている人が多い印象の試験である。

 

結論からいえば、実際問題ほかの試験でも大差ないだろう。

司法書士でも、何度も落ちている人もいれば、1発合格もいる。

結局は競争で、上位15%には入れなかったからというだけである。

では、15%以内に入るためになにが足りていないのか!?を検討する必要がある。

 

宅建試験の15%以内に入るためには

宅建に落ちないためにまずこの2点を理解すること。

 

 

①宅建業法・法令の制限・その他の知識関連の点数稼げるところの勉強が不十分

民法のが論理的かつ理解に時間がかかってしまう科目なため民法に時間を費やしてしまった。

 

②法律が苦手て、民法の言っている意味が全く理解できない

 

ざっくりいうと、 「勉強法を理解していない」ということです。

 

物事については「メリハリ」が大事になります。

民法は、完全な法律科目なためしっかりとした勉強法を知り、実践する必要があります。

 

宅建の具体的な勉強法

 

一番陥りやすいのが「この文章なんのこといってるのかわからない」と何日もあるいは数時間悩み続けていませんか??

 

わからないことをずっと考えてるのは勉強ではない!

そりゃあやっててもわからないから面白くもない!

 

そういう人はまだスタートラインにすら立っていない!ということを認識してもらいたい。

 

法律の勉強

 

法律の勉強は、1話完結漫画とは違う!

 

民法を一通り全部やったから法律がわかることでもなく、民法がわかるわけではない!

 

他の法律と相まって理解を深めていく!それが法律の勉強です。

しかし、宅建の試験においては、民法以外が必要科目となっていない。

だからこそ理解に時間がかかったり、よくわからない点が多くなってしまう。

だからといって、宅建の試験科目に関係のない刑法や民事訴訟法などやっても意味がない!

無駄に範囲を広げるとそれこそ宅建に落ち続けてしまいます。

 

「目的」は宅建に受かること

「手段」はそれに必要な勉強をすること(勉強法も含め)である

 

法律の勉強がその分野だけの理解だけより他の科目と交えた方が理解が深まるように法律のテキストの仕組み自体「パンデクテン方式」という方式を使っています。

 

民法のまとめの内容を先に、そのあとに細かい分野ごとに区分けされている感じです。

 

全部通して、はじめに言っていたことがわかる!そういう学問です。

だからこそ、 悩むことに時間を割くのではなく前に進むべきです!

 

わからないなりに先に進めて、理解がすんなりできるところを少しでも見つけてそこから、以前わからなかったことが繋がるということの方が多いからです!

 

ただ、絶対的に覚えないといけない内容があります。

 

超重要判例・条文など最低限知識がないと先に繋がりません。

 

これは、理解ではなく、理解するために必要な単語(暗記)です。

 

悩むのではなく「暗記し前に進む」そして、次の日復習をする。ことが大事です。

暗記しないといけない内容を忘れていたらまた暗記をする!の繰り返しです。

 

私は、独学だったのでこういった勉強法を勉強しながら法律科目の勉強をしていたので毎日試行錯誤しながらで結構大変でした。

もし、お金には多少余裕がある社会人の方などは独自で勉強法に時間を使わず勉強に費やすことをオススメします!

 

「時間をお金で買う」と思ってください。

その場合は、「予備校」「資格学校」に通うことをオススメします。

 

試験にはクセがあるのでそれを分析した結果を教えてくれます!

余計な時間を使わず、それこそ合格するまで最短ルートが可能です。

予備校はいくつかあります。

 

資格スクエア

 

資格スクエアの1番大きなメリットが低価格

大体大手の3分の1ぐらいの値段で通うことができます!

他のところは20万ぐらいなんですが

資格スクエアは、69800円で通うことができます!

テキストも図が多いので、民法の勉強で理解することが大事になるんですが非常に勉強効率を良くできると思います。

あとは、講義の時間が短い点も特徴的です

1時間とかあると講義だけで疲れてしまいますよね。

そのあとの復習に時間を費やすことができなくなってしまいます。

 

大手予備校 LEC(レック)

  • LECは大手予備校で有名

幅広い資格を受講することができ、テキスト類も多く出版しています。

 

【特徴

  • 有名なのが割引が多いこと!
  • 予備校としての実績や歴は非常に長いこと。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ LEC東京リーガルマインド★オンラインショップ【LEC On-line】
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★彡 お得なポイント還元!! ★彡
¶.新時代の通信講座!! 話題のWEB・DVDなど学習メディアが選べます!
¶.書籍が最大10%OFF 書店で買えない本が買える!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LECの詳細を見る!

 

まとめ:独学で合格を目指す人

宅建合格に必要なのは、勉強のやり方だけです。

あとはそれを理解するのに個々それぞれに相応の時間を要する必要があるということだけです。

 

予備校のおすすめもしてますが、私の記事を網羅していただけたら合格に必要な勉強法は全て揃います。

 

【宅建試験攻略でこれだけは必ず守ろう!】

【1位】資格学校最大手「LEC」(圧倒的な合格実績で選びたい方はLEC!)
------------------------------------------------------ 7月の早得(はやとく) 2016/7/1~2016/7/31 http://www.lec-jp.com/campaign/toku2/ ------------------------------------------------------

資格学校の最大手の「LEC」
EC東京リーガルマインドは、資格受験指導37年の実績とノウハウを持ち、司法試験、司法書士、弁理士をはじめとする、各種国家資格および検定受験の対策講座を全国展開する資格取得・通信教育のスクールです。
圧倒的な情報量と蓄積されたノウハウで、数多くの合格者を出してきた実績を元に、
常時10,000近くの商品ラインナップを揃えています。

【2位】値段の安さと勉強効率を重視する人は「資格スクエア」

資格スクエアは、「IT×脳科学」をフル活用した全く新しいオンライン資格講座です。
わずか4年で無料会員数40,000人突破!急上昇中の教育系ITベンチャーです!
校舎を持たず固定費や人件費を抑えているので価格が安い
・校舎に行かなくてもいいから自分のペースで勉強を進められる!
・いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!
・脳科学の権威であり、東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の「IT×脳科学」を利用した問題演習機能

・WEBで全て完結!講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ!
・条文リンク機能で辞書を引く必要はもうありません!

【3位】業界最安!「オンラインスクール」

宅建以外の資格試験も最安で受講することができる!
月額 980円で28講座の資格学習コンテンツが利用可能
・スマホでもPCでも、マルチデバイス対応でどこでも学習が可能
・資格の学校TACのノウハウが凝縮された充実の講義ムービー
・過去問を徹底分析した問題演習機能
・スマホやPCで学べる月額980円の〇〇講座

歩如のyoutube
歩如 youtube
宅建
歩如をフォローする
aquablog
タイトルとURLをコピーしました